So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

涼しいマントラ

インドの風に吹かれっぱなしである。

インドと言えばマントラ。

ちょっと興味はあるけれど

本気で覚えようともしてないし、覚えることも出来ない。

でもヒンズーの神様の短いマントラを知ってると面白いだろうなぁとは思ってた。



本場、と言われるようなインドインドしているのより

涼しげで念がこもってないような(!)、そんなマントラCDはないか?

あったよあったよ。

Mantras for Precarious Times/Deva Premal
¥1,767
Amazon.co.jp

DevaPremalはヨガをしている方達の中では有名な人で
私も以前から知ってはいたけれど
そんなに魅力を感じてなかったので聴く事もしなかった。
すっかりここのところインドの風に煽られていて
なんとかメジャーなマントラを聴きたいなと思って
よく行くインドショップのCDコーナーを探索。
ガネーシャ、シャンティ、シヴァなどのマントラを108回唱えているDevaのCDを発見!
すごく短いマントラでこれなら私でも親しめるし
何より楽器が邪魔せずDevaの声がアカペラと言っていいほどの主役感。
この暑さの中で聴いても涼しさを感じられる1枚。
チベタンシンギングボールの曲間に
このアルバムを挟んで早朝に聴くプレイリストを何種類も作ったほど(笑)
朝5時半に起きてヘッドフォンで聴きながら二度寝するシアワセ。


Deeper Light/Deva Premal & Miten With Manose
¥1,767
Amazon.co.jp



Devaの前述のCDが思いのほか良かったので

他のCDも試聴しまくった結果、(←何でも「しまくる」)

このDeeperLightを購入。

概ね、Devaのボーカルが主役だけど

ゲストのマノーゼのバンスーリフルートも調和してて

「俺々」な感じがなくて好印象。

ミテンはちょっとどこか「俺々」が漂ってるけれど、それも又良しとする。



他のマントラを歌うアーティストで誰か良い人いないかなぁ~と探して見つけたのが

SacredEarth。

Bhakti/Sacred Earth
¥2,473
Amazon.co.jp



オーストラリアのジェトロとプレマのユニット。

プレマの透明だけど力強い歌声に惹かれて購入。

胸の奥からマントラの泉が湧き出るような、

Devaとは、またちょっと違う魅力的な声。

どっちも素敵。

Way Home/Sacred Earth
¥1,663
Amazon.co.jp



こちらのWayHomeもマントラの素敵なアルバム。

SacredEarthも試聴しまくった結果、この2枚が残った。

DevaもSacredEarthのプレマも

彼女たちの声はどの時間帯にもフィットするけれど

一人のランチタイムなんかにも似合うことを発見。

プレマの歌声ってシアワセな何かを分泌させるみたい。

謙虚でありつつ、豊か。



世の中の音楽は須らく癒しを奏でていると思う。

ヒーリングミュージックだからとか

ニューエイジだからとか

ロック、ジャズ、ポップス・・・何でもかんでも、

ジャンルは関係ない。

全ては自分の感じるところ。



マントラとて同じこと。



いやぁ~、今回も良いアルバムと出会っちゃったな!

次回はマントラ以外のインドCDについて書くつもり。

nice!(5)  コメント(0) 

響に浸る


響に浸りたい。





チベットのチンシャとかクリスタルチューナーとか持っているけれど

チ~~~~~ンとかグワァァァァ~~ンって鳴らしているところを


人に見られたり聞かれたりするのは逆にストレスが溜まる。


気にするな、と言われても


気になる、のが私。


そういう時には音をヘッドフォンで浸るのが道。





シンギングボールとかガムランのアルバムは何枚か持っているので


早速、響へゴーッ!



Singing Bowls of Shangri-la/Steven Halpern’s Inner Peace Music
Amazon.co.jp


このチベットのシンギングボールのCDは


買った当初はグワワンという響を自分が求めていなかったせいか


そのまま放置していた。


今。


体中の水分全部に波紋広がる、この心地よさは何だ?


わぁ~~、もったいない!


こんな良いCD持ってたのに浸ってなかったってもったいないぞ!、サンディちゃん!



一旦、心地よいとわかったら

いろいろ試してみたいのがサンディ心。

33bowls Tibetan Singing Bowls/33bowls
Amazon.co.jp

Tibetan Singing Bowl/Sounds for Life
Amazon.co.jp

Singing Bowl Meditations - For Deep Meditation .../Nr Ent.
Amazon.co.jp

1時間ぐらい、たっぷり途切れなく「ごぉぉぉ~~~ん」を味わいたい。


朝は目が覚めたらヘッドフォンで響。


これはかなり気持ちイイ。





この響、


なかなかあなどりがたいものがあって


痛みを緩和する働きがあると発見。


脳の何かに作用しているんだろうなぁ。





お蔭で歯の痛みを和らげることができて


我慢できない!と思った時には


虫歯が神経を包んでいる(!)という状態に陥っていました。


神経にさわっている、とかそういう生ぬるい状態じゃなかった(爆)





響に頼らず、


痛い時には即、医者です(爆)



nice!(5)  コメント(1) 

夏の扉

あの嵐。

カミナリと暴風、滝のような雨。

「あぁ、これは間違いなく夏の扉が開く音だな。」



本当にそうだった。

夏ってこんな暑さだったのね。



少し早めに海の家に向かうことが出来たので

久しぶりにマックのドライブスルーで欲張ってホットケーキやらエッグマフィンを買う。

がんばって食べた(笑)

だって久しぶりだし、街中のマックはみんななくなってしまったのだ。

おしゃれカフェはいくらでも増え続けているのに。



2013.07.07_15.50.22.jpg

水晶だけのブレスを母の友人たちに作成。

キラキラと夏の暑さを忘れさせてくれる。


nice!(6)  コメント(1) 

WalkmanZのPOBoxアップデート(その後の闇夜でReader)

何なのでしょう。

珍しく私がBlogをアップしたからでしょうか、

「Zで闇夜のReader三昧」の記事を書いた途端ですよ。

4月18日。

Readerアプリがアップデート

アプリ独自で輝度設定できるようになったではありませんかっ!

アプリで最低輝度にすると真っ暗ですよ!



「ふっ・・・」

「ま、闇夜で読むのはReaderだけじゃないしっ!」

自分で自分を励ましています。



さて、XperiaZを購入してからというもの、

WalkmanZが俄然キラキラ光りだして

その良さを知ったのは前述とおりです。

Android4.0へのアップデートも

店員佐藤さんのブログで「絶対」に認識していた筈なのに

たぶん私のこと、

「ま・・・別に普通に使えてるし」と面倒がっているうちに忘却の彼方へ押しやっていたのでしょう。

出番が増えるうちに

そう言えばアップデートがあったんじゃ・・・と思い出しました!



・・・アップデート完了させました。



あれ?重い。

POBoxで文字入力すると2文字でフリーズ。

「なんじゃこりゃ?」

もともとWalkmanZの文字入力には

何故かPOBoxが入ってなくて

後から探してきてインストールしていました。

文字入力が劇的に良くなってご機嫌だったのですが

ここへ来てフリーズ。

「はて?」

あぁ!AndroidのOSが4.0になってるんだから

POBoxも5にしないとだめでしょー!



新しいPOBox5インストール完了。



わぁーい!ちゃんと動く。

XperiaZにも入ってる5は

文字選択が「あA」「1記号」に分かれててストレスが激減。

WalkmanZにもインストールできて非常に嬉しい。



もう皆さん、入れているとは思いますが

一応手順を自分の覚書としてメモっておきます。



(Android4.0の場合)

ttp://arkdroid.info/030/

↑こちら本体からダウンロード

いろいろとややこしげなことを書いてありますが

WalkmanZでインストールする時には

ダウンロードして解凍

「POBox.apk」と「POBox.SknSelecter.apk」をインストールするのみ。

あと、1つだけ「POBox.Sknwood.apk」などスキンのapkをインストール。

ダウンロードした場所はファイルマネージャー等で検索。

(apkの展開ソフトはGooglePlayで「tAttachApkInstaller」がおすすめ!事前にインストールを。)


以上。


nice!(7)  コメント(5) 

Zで闇夜のReader三昧。

SONYの電子書籍Reader

1台持っていると心が豊か。

何百冊もコンパクトに持ち歩けて

バッテリーも平気で1ヶ月ぐらい持っちゃう頼れるヤツ。



Kindleも試してみたけど

発売当初から使っているReaderが断然使いやすい。

何より使い慣れているし複数台持っているならば

そこにKindleの入り込む隙はない。

・・・とか言いながら

KindlePaper(イトコにプレゼント)や

KindleHDFireとか買うわけだけど。

(しかもFire全然使ってない)



但し、Readerが書籍を共有できるのは5台まで。

母1台、叔母1台、私2台&Xperia,Walkman。

母と叔母の2台は必要、

残る3台となると

Reader本体、XperiaZ、WalkmanZは外せない。

泣く泣く非常袋からPRS-350を取り出し機械登録を削除。

しかたなし。

Android端末だけは

Kindleみたいに何台でも登録できるとありがたいんだけどなぁ。

ま、しかたなし。



さて。

KindlePaperに装備されているバックライトは

Readerにはない。

寝る前にちょっと本を読みたい私。

ミニランプとか

いろいろ試したけれどちょっぴりストレス



そこで、WalkmanZ&XperiaZ。

これなら闇夜でも快適に読書できるよね~

・・・なんて思っていたけど

輝度を最低にしても

明るすぎて目が疲れて長時間はとても無理。

何か良いアプリはないものか?と探したらありました。

Screenshot_2013-04-17-10-16-28339175642

明るい画面にフィルターをかけて暗くするアプリ。

フィルターがOFFの時は

Screenshot_2013-04-17-10-15-37-1826096735

フィルターをONにすると

Screenshot_2013-04-17-10-15-271000570832

おぉ。暗い。

早速、Firterをかけて暗闇で読書。

おぉーー目が楽。

ありがたし。

(店員佐藤さんのReader紹介ページ

→ttp://ichie-inc.blog.so-net.ne.jp/archive/c2303448731-1)


nice!(6)  コメント(4) 
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。